ドットわんごはん【口コミまとめ】

インパクトのある商品パッケージで一度見たら忘れないドットわんごはん

ドットわんごはんの口コミ

我が家の愛犬はカリカリ系のフードはあまり好んで食べることがないのですが、ドットわんさんのフードは相性が良いのかよく食べてくれます。

他の方の口コミにも書かれていますが、こちらのフードを与えるようになってから便の感じが少し変わった様に感じます。

原材料におからを使っているからでしょうか?

お腹がゆるくなるとかそういった事ではないので、悪い事ではないと思います。


事前に口コミや評判をみて購入しました。

評判通り食いつきも悪くなく、愛犬も良く食べてくれますね。

うちの愛犬も事前に調べた口コミで言われていたように便の量が増えたような気がします。

便の状態は良いので健子的な証拠ですかね?

基本的には気に入っているのですが、販売価格がもう少し安いと継続して購入しやすいかなと思います。

原材料に良いものを使用しているようなので仕方ないと言えば仕方ないのでしょうけど。


レビューを見ると高評価が多かったので買ってみました。

フードが全く油っぽくなく、匂いも全然臭くありません。

というよりフード自体のにおいがほとんどないという感じですね。

公式サイトをみると原材料や調理工程にかなりこだわっているようでとても良いフードだと思います。

ドットわんごはんの特徴

消化吸収を良くするための下調理

ドットわんごはんはしっかりと原材料の旨みを引き出しつつ、フードを食べるワンちゃんが消化吸収しやすい状態にするために様々な工夫をしています。

原材料の人参や豚肝臓は事前に茹で、玄米は炊飯するなどの下調理をし、粒の成形には遠心力を応用して丸める回転釜を使用しています。

さらにそれだけではなく、湿度やその日の気温に合わせて作るたびに職人が微調整を行っています。

ここまでこだわって作られているフードはかなり少数なのではないでしょうか?

食材の栄養素を壊さない工夫

一般的なドライフードは、調理の過程で殺菌を目的として高温での熱処理をしている物が多いです。

そしてその熱で壊れた食材の栄養素を補填するために栄養添加物が使用されていますが、ドットわんでは高熱処理ではなく、低温で時間をかけて乾燥させるという方法を取っています。この方法で食材そのものからしっかりと栄養を摂ることができるんですね。

そして含水量を3%以下にまで下げる事で、保存料を添加することなく6ヶ月の保存期間を実現しています。

使用する原材料や調理方法にかなりこだわって作られているフードのようですね。

低温で時間をかけて調理しているというのはそんな方法もあるのかと、気付かされてしましましたんね。